リキッドファンデーションを使う

リキッドファンデーションを使う

私は、もうかれこれ何年もリキッドファンデーションを使用しています。夏は時々、パウダーファンデーションを使用することもありますが、基本的にはリキッドファンデーションが好きなのです。

 

私のようにリキッドファンデーションを使っている方も、多いことでしょう。リキッドファンデーションの伸びの良さが好きなのと、フォーマルな雰囲気のメイクに仕上げることが出来るというのが、私のリキッドファンデーションを使用しているポイントになります。

 

リキッドファンデーションを使い始めたばかりの頃は、なかなかどのくらいの量を使用すれば良いのかがわからず、毎日メイクの練習をしているようでした。というのも、リキッドファンデーションというのは、顔全体に同じように均等に塗っていくといのではなく、その箇所に合わせた量の調節が大切なのです。

 

筋肉がよく動く場所は、少なめにリキッドファンデーションを塗らないと、シワが入ったようになってしまうので、気をつけなくてはなりません。リキッドファンデーションは、軽めに叩くような感覚で塗っていくと、綺麗に塗ることが出来ます。

 

叩き込むような感じで、メイクをしていきましょう。最後には、パウダーでしっかり仕上げていくことも忘れないようにしてくださいね。リキッドファンデーションの魅力、あなたも感じてみませんか?